Sample Image

「ドッグフードの相場は?」

ドッグフードの相場は、最近では多種多様な商品が発売され、種類によってかなりの幅があるので、
一言で相場を提示するのは難しいです。
どのドッグフードを選ぶかは飼い主さんしだいです。

具体的な相場といっても、かなり価格に幅があります。
1kg.1000円以上するものもあれば、1kg.300円のものもあります。
最近ではドッグフードの種類も増え、細分化されているので、
一言で「ドッグフードの相場」とは明確に提示できないのです。

プレミアムドッグフードと呼ばれるものや、特定の疾患を患った愛犬用の特別療法食は、
値段もかなり高いです。

特に療法食は、1kg.2000円以上するものも少なくありません。
非常に大雑把に分けると、
特別療法食が1kg.2000円前後、
プレミアムフードが1kg.1000円前後、
昔からある一般的なフードが1kg.500円前後といった感じでしょうか。

いまやペットは家族の一員と考える飼い主さんも多いです。
愛する家族にできるだけ良いものを与えたいと思っている人が増えたということです。
確かに高級なペットフードを与えることも愛情ですが、
それではお金持ちしかペットと暮らすことができなくなってしまいます。

値段が安めのドッグフードを与えているからといって愛情がないわけではありません。
「愛情があるなら高いものを!」というプレッシャーを感じてしまう人もいるかもしれませんが、
あまり気にする必要はないと思います。

そんなことを言ったら「犬飯」を与えられていた昔の飼い犬たちはみんな不幸になってしまいます。
愛犬の幸せは、必ずしも高級なドッグフードを与えられることだけではないのです。

療法食については、これもその家庭により考え方があると思います。
人間の場合の延命治療をどう考えるかということにも通じるような気がします。
「いくらかかってもいい。一日でも長く生きて欲しい」と考える人もいるでしょう。
「それが寿命なら、延命のために手を尽くすより、できるだけそばにいてあげたい」
という人もいるでしょう。

どれが正解というものではありません。
子供が親を選べないのと同じように、犬たちも飼い主を選ぶことができません。
その家庭なり、その人なりに、愛犬の幸せのためにできることをできる範囲でしていけばいいと思います。
それが愛犬にとっても幸せなことだと思います。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 犬にも好き嫌いあるの? All Rights Reserved.