Sample Image

「犬種によって変えるべき?」

人間が男女の違いや仕事の違いで必要カロリーや栄養素が違うように、
犬も犬種によって必要な栄養素が違います。
犬種別ドッグフードは、主に犬種による弱点を補う栄養素が配合されたドッグフードです。

一昔前に比べ、ドッグフードも色々な種類のものが販売されています。
あまりに多すぎて、どれを選べばいいのか悩んでしまうほどです。
昔は人間の食事の残り物を与え、真冬でも外の小屋に繋いで飼うというのが普通でした。
現在の愛犬家が聞いたら怒り出すかもしれませんね。
それだけ今では、犬が家族の一員としての地位を得たということなのかもしれません。
それと同時に犬や猫などのペットの食事に関する研究も進み、
ペットフードも多種多様な製品が各社で開発されています。
当然ドッグフードも数多くの種類が販売されています。
ペットを家族の一員として考えるなら、乳幼児の頃からシニアまで、
毎日同じ食事を同じ量与え続けることは虐待になってしまうと言う人もいます。

http://showeryourpets.com/kennsyu.htmlにもあるように
犬は種類も多く、外見的な大きさはもちろん、性格も犬種によって様々です。
活動的な犬種もいれば、比較的おっとりした犬種もいます。
さらに個体差や年齢差もありますから、どの犬にも同じ食事を与えることはおすすめできません。
スポーツ選手と、デスクワークの人が同じ食事をしていたら、
スポーツ選手はスタミナ不足、パワー不足になってしまいますし、
デスクワークの人は肥満してしまうでしょう。
そう考えれば、犬種によってドッグフードを変えるのも当然といえます。
犬種別のドッグフードは、犬の種類によって違う必要なカロリーや栄養素を考え、
大きさや形もその種類の犬に食べやすいように作られています。
http://www.supreme-directory.com/nih.htmlには、我が国日本で暮らす犬たちの
健康を考えて作られているドッグフードが紹介されていますのでご覧ください。

犬をペットとして家族の一員に迎え入れる時、なかなかその犬種のウイークポイントまでは考えないかもしれません。
犬の種類によって、おなかの弱い犬、皮膚の弱い犬、心臓の弱い犬、太りやすい犬…
と、色々なウイークポイントがあるのです。

よく言われる「血統書付きは弱い」というのも、ここからきています。
犬種別ドッグフードは、そういったウイークポイントを補うように作られています。
また、毛並みが自慢の犬種には、毛並みを美しく保つための栄養素も配合されているなど、
それぞれの犬種に合ったドッグフードになっています。
また、http://www.wanderers-rest.com/erabi.htmlにドッグフードの選び方に迷った時に使える
選び方ガイドというものが載っていますので、是非参考にしてください。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 犬にも好き嫌いあるの? All Rights Reserved.