Sample Image

「あげちゃいけないものってなに?」

人間にとっては美味しい食事も、犬が摂取すると健康に害があるという場合があります。
基本的に人間の食事は塩分が濃すぎるため、そのまま犬に与えてはいけません。
中毒症状を引き起こす食材もあるので注意が必要です。

最近ではドッグフードも進化し、飼い犬を家族同然に扱う家庭も増えたため、
人間の残り物を与えるという飼い主は減りました。
けれど少し前までは、犬には人間の残り物、特に味噌汁をご飯にかけたものを「犬飯(まんま)」といって与えたりしていました。
ちなみに「猫飯(まんま)」は、ご飯にかつおぶしをかけたものです。
どちらも栄養価が低く、栄養バランス的にもペットの身体に良いとはとても言えない食事です。

近年ペットの寿命が飛躍的に延びたのも、飼い主の意識が変わり
ペットに与える食事が変わってきたことが大きな要因です。
特に犬は繋がれて飼われているので、猫のように自分で狩りをして栄養補給をすることもできず、
与えられた食事を食べることしかできません。
最近では猫も室内飼いが増え、自分で狩りをすることは減りました。

基本的に、人間が食べるために作られた料理は、犬に与えてはいけません。
犬には塩分が多すぎるからです。
犬用に調理されたものなら構いませんが、毎回栄養バランスを考えて犬用の食事を作るのは大変なことです。
また気をつけなくてはいけないのは、ネギやたまねぎと一緒に調理した肉などを与えることです。
これらは「たまねぎ中毒」を引き起こします。
かつてはすき焼きの残り汁をかけたご飯などはご馳走でしたが、今ではご法度となっています。

また比較的現在でも与えている人が多いと思われる牛乳も犬にはよくありません。
下痢を起こし衰弱してしまうケースがあります。犬専用ミルクであれば大丈夫です。
チョコレートも中毒を起こすので与えてはいけません。
生クリームやチョコレートを使用した洋菓子などは欲しがる犬もいますが、与えないようにしましょう。

他にも犬にとって有害な食べ物はたくさん存在しますし、研究途上の分野でもあります。
人間にとって美味しい物が、犬にとっては有害というケースもあるのです。
自己判断で手作りの食事を与えたり、
「わが子同然なのだから自分と同じものを」と考えるのは危険です。
↑はドッグフードの口コミサイトになっていますので、是非ご覧ください。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 犬にも好き嫌いあるの? All Rights Reserved.