Sample Image

「安全安心なご飯をあげたい」

どんな食事を愛犬に与えるかは、飼い主さんしだいです。
家庭環境が人それぞれなように、愛犬と暮らす環境も人それぞれです。
無理のない範囲で、その人なりの愛情をもって、ドッグフードを選びましょう。

家族同然の可愛いペットですから、安全で安心なご飯をあげたいと思うのが飼い主さんでしょう。
自分で勉強して、毎食手作りのドッグフードを与えている方もいらっしゃいます。

しかしどうしても栄養が片寄りがちで、肉は喜んで食べても野菜を食べてくれないというケースもあり、バランスよく栄養を摂取させるためには、手間や工夫が必要になってきます。
例え大変でも、可愛いペットのために楽しく食事の用意ができるのならいいのですが、
負担になってしまうようでは本末転倒です。

その分の時間を、散歩や一緒に遊ぶ時間にあてた方がいい場合もあります。
手作りの食事は、無理のない範囲でおこなうのが基本です。

どんな食事を与えればいいのか、これは基本的には飼い主さんしだいです。
犬は自分でお金を用意して買い物に行って好きなものを買ったりできませんし、
好きなものを好きなように食べていたら病気になってしまいます。

現在は多種多様のドッグフードが、たくさんのペットフードメーカーから発売されています。
どのドッグフードhttp://familyfunsoftware.com/gen.html
愛犬と飼い主さんのためを思って研究開発されています。
有名メーカーのドッグフードであれば、基本的にはどれも安全で安心と思っていいでしょう。

ただし添加物などがまったく使われていないわけではありません。
「安いドッグフードは危険」「○○のドッグフードは有害」といった意見も見かけますし、
反対に「安いドッグフードでも健康で長生きしています」という意見や
「子犬の頃から○○のドッグフードを与えていますが健康そのものです」という意見もあります。
どちらを信じるか、どのドッグフードを与えるかは、飼い主さんしだいなのです。

犬の食生活だけでなく、人間の食生活を考えてみても、添加物を完全に排除することは至難の業です。
どこまでなら許せて、どこからは許せないのか、
金額的にも、いくらまでなら出せて、いくら以下は避けたいのか、決めるのは飼い主さんです。
人間の子供が、高い服を着て高級な食事を与えられることだけが幸せではないのと同じように、
愛犬も高い食事を与えられることだけが幸せではありません。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 犬にも好き嫌いあるの? All Rights Reserved.