Sample Image

「太りにくい食事とドッグフード」

最近では人間だけでなく、犬や猫などのペットの肥満も問題になっています。
ペットも人間も、なぜ肥満してしまうのか?犬と人間とでは、太りにくい食事は違うのでしょうか?

人間界では衰えることのないダイエットブームが続いていますが、
近年ではペットの肥満も問題になっています。
犬や猫がコロコロと太っているのは可愛いものですが、健康のことを考えると
そうも言っていられません。

なぜ人間だけではなく、ペットも肥満してしまうのでしょうか。
それは「動物は自然界では飢えた状態が普通」だからです。
野生動物は一生のうちのほとんどの時間を食べ物を得るために使います。

そして、仮に一定期間食べ物が得られなくても、すぐには餓死してしまわないように
栄養分を蓄えられるようになっているのです。
これが仇となり、豊かになっていくらでも簡単に食べ物が得られるようになった近代国家では肥満が問題になりました。
ダイエットしていると「もっと簡単に痩せられないの?」と思うかもしれませんが、
もしそうであれば、食糧危機がきたら簡単に餓死してしまうことになります。

犬や猫などのペットたちも狩りをすることもなくなりましたし、
食べ物を得るためだけに一日の大半の時間を使わなくてもよくなりました。
それ自体は幸せなことかもしれません。運動量が大幅に減った上、
苦労せずして美味しいご飯が与えられるようになったのです。
もう飢えることもありません。
その結果、人間と同じように、肥満が問題になってしまったというわけです。

犬も人間も、太りにくい食事はほとんど同じです。
高たんぱく低脂肪、低カロリーの食事です。
肉は赤みがよく、肉よりは魚がいいのです。
http://www.blogsndogs.com/cal.htmlでも紹介されているようなドッグフードに変えたり、
繊維質を多く含んだ野菜を摂り、適度な運動をすれば、犬も人間もダイエットできます。

ただし気をつけなければいけないのは、栄養が不足してしまうことです。
例えば鳥のささみは高たんぱく低脂肪でダイエットに向いていますが、犬が必要とするカルシウムが不足します。
必要な栄養素をバランスよく摂取させるためには、ダイエット用のドッグフードもおすすめです。
ダイエット用のドッグフードを与える際には、極力他の食べ物を与えないようにしましょう。

http://xn--qckubrc3d4m353s86xf.biz/07.htmlのサイトには、
お店でドッグフードを購入する際に気をつけたいポイントが紹介されています。
是非参考にしてください。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 犬にも好き嫌いあるの? All Rights Reserved.