Sample Image

「ドッグフードは栄養価も高い」

栄養価、バランスの取れた総合栄養食のドッグフードは、人間から見ると美味しそうには見えません。
犬たちは毎日同じ食事で飽きることはないのでしょうか?
人間の感覚を基準にしてしまいがちですが、犬にとってはどうも違うようです。

食事は生き物のすべての基本です。
それは愛犬にとっても同じことです。
できれば安全で美味しくて、栄養のある食事を与えたいと思うのが飼い主さん共通の気持ちでしょう。
ところが、犬は人間と同じようには感じていないようです。
人間からしてみると、総合栄養食を与えている場合などは特に「毎日同じ食事で飽きないのかしら?」と思ってしまいますよね?
あの硬くてカリカリした感じは、食事というよりはスナックのようですし、
とても美味しそうには見えません。
実際にペットの食事を人間が食べてみても、とても美味しいとは思わないでしょう。

犬にとって美味しい食事とは、まず第一にその鋭い嗅覚で感じるものなのです。
次にくるのが食感、歯ごたえです。
人間のようには味にこだわりはありません。
ですからお気に入りのドッグフードであれば、
毎日同じドッグフードでも食べることに飽きたりしません。
http://www.jaylynnscraps.com/nutro.htmlに有名メーカーの商品がいくつか紹介されています。
人間のように、色々な料理を様々な味付けで、美しい容器に盛り付けて食べたい!というような欲求はないのです。

つい人間の感覚で、人間から見て美味しそうなものを与えたくなってしまいますが、
栄養価や栄養バランスを考えると、必ずしも犬にとって良いことではない場合もあるのです。
飼い主さんがくれる食べ物は、犬にとって大切なコミュニケーションツールでもありますので、
大好きな飼い主さんがくれるものならば喜んで食べるでしょう。

おやつなども、愛犬が喜ぶのでつい与えすぎてしまったり、
そのせいでメインのドッグフードを食べられなくなってしまったりする場合もあります。
そうなると栄養が片寄ってしまうので、気をつけなければいけません。

愛犬が喜んで食べる=美味しいからと考えてしまうのは早計です。
飼い主さんの手から食べ物を貰うことを喜んでいるのかもしれません。
総合栄養食のドッグフードは、栄養価やバランスをベストな状態で考えて作られているので、
本当は他の食べ物はなるべく与えない方がいいのです。
愛犬の健康は、すべて飼い主さんしだいです。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 犬にも好き嫌いあるの? All Rights Reserved.