Sample Image

「年齢に合わせた食事にしたい」

犬の年齢を人間の年齢に換算してみると、思ったよりずっと早く年をとっていくことがわかります。
人間が年齢によって必要な栄養素やカロリーが変わってくるように、犬にも年齢に合ったドッグフードがあるのです。

愛犬も人間と同じように年をとっていきます。
人間ほど見た目は変わりませんが、年をとれば運動量が減り、毛のつやもなくなってきます。
最近では長寿のペットが増えました。
これは人間がペットを家族の一員と考え、与えるペットフードに気を配り、健康に気を使うようになったからというのが大きいでしょう。

犬も人間と同じように、食生活が健康に深く関わっています。
人間が年齢によって必要な栄養素やカロリーが違うように、犬も年齢によって必要な栄養素とカロリーが変わってくるのです。
子犬の頃には、成長に必要な栄養素が必須ですし、活発な成犬期には充分なカロリーが必要です。
また高齢の犬には弱った部分をフォローする栄養素が配合された食事が望ましくなってきます。
http://www.tennllama.com/shou.htmlでは、消化器のサポートをしてくれるタイプなどが紹介されています。

最近では愛犬の年齢に合わせたドッグフードも各社から販売されています。
たいていの場合、大きく「子犬用」「成犬用」「老齢犬(シニア)用」に分かれています。
では、いったいいくつまでが子犬で、いくつからが老齢犬になるのでしょう?

犬の年齢は人間の年齢と対応させてみると、大きく違うことがわかります。
おおよそですが、犬の1歳は人間でいうと17歳に相当します。
青春真っ盛りな時期ですね。
3歳で28歳、5歳で36歳です。
そろそろ青年期から中年期に差し掛かるのがこの時期です。
10歳で56歳、13歳で68歳です。
この頃にはもう老齢犬といっていいでしょう。

犬種による差や個体差、それまでの生活環境などもありますから、まったくこのとおりというわけではありません。
特に気をつけたいのは、中年期から老齢期の変わり目です。
これは実際に愛犬と暮らしている飼い主さんが、普段の愛犬の様子から推測するしかありません。
目安としては、以前に比べて運動量が減ったり、散歩の時間が短くなったり、食欲が落ちてきたと感じたら、老齢犬用のドッグフードに切り替えることをおすすめします。
また、こちらのサイトhttp://www.peacezone.net/20.htmlにかいてあるのですが、
犬種別のドッグフードというものもあるそうです。

また、犬も年をとると身体のあちこちが弱ってきます。
犬種によって弱い部分がある場合も多いので、犬種に合わせたドッグフードや、特定の疾患を患っている犬のための特別療法食も販売しています。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 犬にも好き嫌いあるの? All Rights Reserved.